ファステストHISTORY

ファステストヒストリー

ファステストヒストリー_バナー

 失敗の連続。逆境が育んだ飲食人として「思い」。

 

1.一つのコロッケから始まるファステストHistory

 

ファステストダイニング株式会社は滋賀県のある小さなコロッケ屋さんを始めた事から生まれました。
「コロッケ屋で世界をとるぞー!」と意気込む若造たちでした。
様々な商品を開発したり、お客様に気に入ってもらうため一生懸命に働きました。
しかし、思うような数字が上げられず閉店します。
残ったのはコロッケ工場のみになってしまいます。
せっかく思いを持って集まってくれた人、応援してくれる人の為にコロッケ工場で持ち帰り弁当の販売を始めます。
上手く行かない事、知らない事の連続でした。
経営を甘く見て、仲間を路頭に迷わせる寸前でした。
経営の恐ろしさを痛感し、経営の猛勉強をします。
何としてでもキッチリ給料を払わなければと日々必死に努力しました。
その結果徐々に売上高が向上し軌道に乗る事になります。


コロッケ揚げたて

全景  

外観

2.「飲食人」になった自分とその仲間にとって悔しい現実

 

その後、人材の確保に努める途中で様々な出会いがありました。
「一緒に頑張りましょう!」と協力してくれるのは、ホンのホンの一部の人でした。
ほとんどの人は「飲食業はきつい」「休みがない」「飲食で働きたかったけれど、
待遇を優先して公務員になります」など、飲食業に向ける痛烈な言葉を受けました。
「飲食人」になった自分とその仲間にとって、悔しい悔しい現実でした。この事から

「飲食業でも待遇がいい会社」

「みんなが自慢したくなる会社」

を絶対作る!と決心しました。
悔しい思いをした分、仲間を大切にする会社にしようと励みました。
その結果、仲間が徐々に増えると共に店舗数が増え、
売上・業績の向上に伴い待遇も少しずつ向上させられました。

3.まだ道の半ば。「世界一の台所」を目指して

 

今の我が社があるのも

1.うまくいく迄、何度もチャレンジする精神

2.ひとりひとりのお客様に、必死で一生懸命な姿勢

3.飲食業をより良く変革する使命感

4.仲間を家族同然大切にする愛情

5.競争相手に絶対に負けない!負けん気と、人一倍の努力

6.目標を必ず達成する情熱

7.いい物を作るんだという情熱

これらのファステストダイニングとしての「思い」があったからです。
今はまだ道の半ばです。
社会の現実は厳しい物があります。
しかし我々の「思い」を込めて戦い続ければ、
今よりもっとたくさんの人を豊かにできる、と信じています。

これからも「世界一の台所」を目指し、
ファステストダイニング社員一同成長を続けていきます。

 

image2 

ファステストダイニング株式会社 代表取締役社長 谷口 譲

 

みらいVISIONはこちら

ビジョンバナー2(1280×400)

会社概要はこちら

FD